登山

【パタゴニアR2ジャケット:究極の中間着レビュー】おすすめRシリーズ

フリースって色々あるから、選ぶの大変ですよね。

この前R1を紹介しましたが、冬及び、春や秋の高山で活躍し、究極のミッドレイヤーである、『パタゴニアR2ジャケット』を紹介したいと思います。

僕は、このR2を冬の期間、ほぼ毎日きています。モンベルのフリースも持っているのですが、最近は、R2ばかり着用しています。

フリースは数多くありますが、このパタゴニアR2は極限まで洗練されていると思います。

パタゴニアR2ジャケットの外観

普通のフリースよりかは、細身の作りになっていて、
細身の分、上に何か着てもそれほどモッコリと、着膨れしないので動きやすいです。

脇の部分は、素材が変わっており、通気性・耐摩耗性が向上しています。


フロントのジッパーを一番上まであげると他のフリースより密着します。
若干締め付けられる感じがしますが、特に気にはならないです。

パタゴニアR2ジャケットの素材

ポーラテック・サーマル・プロ・ポリエステルと呼ばれる独特の素材を使用しており、
モンベルとかのフリースと比べたら、若干素材的には固い感じがします。

この素材のおかげで、速乾性と保温性をバランスよく両立しています。速乾性については、本当に乾くのが早く、冬の天気のいい日であれば、数時間で完全に乾きます。

裏側は、汗を吸いやすい形状になっており、吸湿性も他の製品より優れていると感じます。

※裏側の生地

パタゴニアR2ジャケットのサイズ感

パタゴニアの製品は、普通の感覚よりサイズが大きめに作ってあり、普段Lサイズをきている人であれば、1段階サイズを下げてMサイズで十分だと思います。

僕は。183センチ、90キロですが、Mサイズでちょうどいいサイズになってます。

詳しいサイズは、公式サイトにあります。

パタゴニアR2ジャケットのまとめ

パタゴニアのRシリーズが好きで、R1とR2を持っていますが、本当に色々な場面で使えます。圧倒的にちょうどいいのがこのRシリーズです。

ただ、他の製品と比べたら若干高めなのが、難点です。しかし、その点を考慮しても、おすすめできる中間着だと思います。

出典元:パタゴニア公式サイト