投資

【不動産投資】はじめての、物件見学

だんだんと、桜が散って、葉が芽生えてきましたね。

先日、仕事が休みだったので、アットホームに掲載されていた、築30年の中古戸建を見にいきました。

駐車場がついて、経費込みで400万円ぐらいの物件です。

中はなかなか綺麗で、壁紙を張り替えて、少し補修をすれば、人に貸せるかなという感じでした。

総額で500万円あれば、リフォームもできるかなと、素人目線で考えていました。

大体、家賃相場が5万円ぐらいらしいので、年間60万円のキャッシュフローと考えると、10%程度の利回りの計算になります。

不動産の営業の方は、関西のこの地区で、なかなかこれだけ安い物件はないですよと、話します。

確かに、物件の価格としては、今現在でている中では、割安です、しかし、中古の戸建であれば、20%ぐらいの利回りがでないとかなり効率が悪いと思いました。

そもそも、現金で500万をいきなり用意はできないですし、このペースでいくと、生活できるだけのキャッシュフローが月20万円だとして、現金で2000万円ほど必要になります。
そうなると、うまく行っても、10年ぐらいかかる計算になります。

ネットの情報とかをみると、かなり高利回りの物件を購入している人がいて、簡単に見つかりそうなイメージですが、なかなかみつからないですね。

しかし、そこを諦めて、中古の戸建で利回り10%だと、のちのち現金の余力がなくなり、身動きが取れなくなりそうです。

かといって、いきなり3000万ぐらいの一棟アパートは怖くて買えません。

じゃあ、どうすんねん!という声が聞こえてきそうですが、

大きなことをなすためには、小さな成功を積み重ねると、よく言われます。

不動産の経験を積むためにも、リフォーム後の総額が300万以下で、利回り20%狙える物件を探していきたいと思います。

そんな、ある訳ないやろって言われるかもしれませんが、ないならないで、市場全体が下がるまで、投資の勉強と資金を温存しておこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です