投資

【投資】好調な米国ETF

1月に入ってから、米国及び日本の市場は好調ですね。
定期的にETFを買い付けしていますが、12月の末にVYMを購入してからは、何も購入していません。
1月株価が下がったら購入しようと考えていましたが、株価が下がらないまま2月を迎えています。
買えない理由については2点あります。

  • 去年の10月につけた、最高値をこえることは当分ないと思っているため。
  • ダウの株価が2万ドル前後になったら、逐次多めに購入しようと考えているため。

まず、NYダウは、当分の間2万7千ドルをこえることはないと思います。
PMI、新規受注、雇用等の指数が、のきなみ下落傾向にあるので、2019年は2018年を上回る株価を達成しにくに状態にあります。

株価が下がることを予想しているなら、含み益がでている時点で、一回売って、また株価がさがったら購入すればいいんじゃないかと、思う人はいるかもしれません。

  • あくまで、予想であり、反対に株価は上がる可能性もある。
    そもそも完璧な予想はできない。
  • 現金の比率が90%と、株の比率を抑えているため、下落してもダメージは少ない。

などの理由により、引き続き、株価が下がったら米国ETFを購入していきたいと思います。